自動車学校の入校検査

自動車学校へ入校時に検査?

自動車学校には検査を受ける必要

車の免許取得を志したとき、自動車学校へ入校することが一般的です。しかし、誰もが入ることが出来るわけではなく、事前に検査を受ける必要性があります。運転する際には精神状態が安定していることと、認知症などの疾患がないことが大切となっています。車の運転は自身の命だけではなく、通行する多くの方の生命にも関与することから、精神状態が極度に不安定であると自動車免許の取得資格を与えられない場合もあります。また、精神だけではなく、視力などの身体検査も行われるため、自動車学校への入校をスムーズにするためには事前に病気を治癒しておく必要性があります。

自動車学校の前にこれだけ注意

自動車学校に入校する前には公安委員会が定めた適性検査を受ける必要があります。その中で1番注意すべき点は視力です。両眼の0.7以上且つ片眼の視力が0.3以上必要となります。裸眼でこちらの条件を満たさない場合にはメガネやコンタクトレンズが必要となります。自動車学校にもよりますが、入校時に入学料金や教習料金が必要となる場合があります。高校生や大学生が入学する場合には事前に確認が必要となります。教習ローンを取り扱っている場合もあり、その時にはかなりリーズナブルな価格で教習を受ける事が可能となっています。

自動車学校の入校の情報

↑PAGE TOP